団体概要

運営団体

阿佐谷北三丁目まちサロンおきやんち運営協議会

所在地

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北三丁目7-13

電話番号

03-6674-1653

設立年月日

2022年4月1日

役員

代表理事    味香 興郎
    (阿佐谷北三丁目町会 総務部長、NPO法人CBすぎなみプラス 代表理事)
副代表理事  徳田 紀美子 (阿佐谷北三丁目町会会長)
副代表理事  武田 信子 (一般社団法人ジェイス 代表)
常任理事    大内田 寧子 (阿佐谷北三丁目町会 副会長)
常任理事    岩崎 泰三 (阿佐谷北三丁目町会 防災部長)
常任理事    佐藤 睦美 (ケアキッス代表)
常任理事    永田 智子 (温交会 会長)
常任理事    横須賀 聡子 (一般社団法人ジェイス 理事)
監事         中目 昭男 (中小企業診断士、社会福祉士)
監事         高橋 潔 (NPO法人CBすぎなみプラス 副代表)

規約

阿佐谷北三丁目まちサロンおきやんち運営協議会規約

 令和4年4月1日制定

第1章 総則

(名称)

第1条 本会は、「阿佐谷北三丁目まちサロンおきやんち運営協議会」と称する。

(事務所)

第2条 事務所を杉並区阿佐谷北3丁目7番13号阿佐谷ハウス1階に置く。

(会の構成員)

第3条 本会は、個人、法人及び団体で、会の目的に賛同するもので組織する。

(会の活動)

第4条 本会は、一切の政治・宗教活動及び反社会的勢力には関係しない。

 

第2章 目的及び事業

(目的)

第5条 本会は、阿佐谷地区の多世代交流の場、地域活動発展の場として活用し、「安全・安心で快適なまちづくり」のため、地域の親睦を図りつつ、地域課題解決に向けて学び会い、協力しあえる関係を創造し実践してゆくことを目的とする。 

(事業)

第6条 前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

1.  近隣住民の憩いの場

(乳幼児から学童、若者、高齢者まで多世代交流の場)の提供

2.「きずなサロン」(杉並区社会福祉協議会登録)の開催

3.町会・商店会活動への場の提供

4.各種会合等(営業目的以外の公共性のあるもの)への場の提供

落語会、音楽会、読み聞かせ会、趣味の会、絵画展示、写真展示等

 5.防災活動の拠点

6.区外よりの転入者、障害者、LGBT、外国人など、多様な背景を持つ住民たちの相互交流の場の提供。

7. よろず相談(専門家紹介)。生活支援、子育て、創業、資金繰り、事業承継、相続、終括、介護、空き家問題等々。

8. その他、本会の目的に付帯又は関連する一切の事業

 

第3章 会員

(会員)

第7条 本会の会員は、正会員、賛助会員、特別会員で構成する。

1.正会員とは、所定の会費を支払い、会の運営に携われる者

2.賛助会員とは、会の目的に賛同し、会費を支払った者

3.特別会員とは、会の趣旨に賛同し協働事業等を行う法人や団体。

(入会)

第8条 会員として入会を希望する者は、入会申込書を代表に提出し、常任理事会の承認を得て登録される。

(退会)

第9条 退会については、次の通りとする。

1.会員は退会届を代表に提出することにより何時でも退会できる

2.会員が次の各号の何れかに該当するときは退会とみなす

(1)  本人が死亡したとき

(2)  法人・団体が消滅したとき

(3)  会費を1年以上滞納したとき

 

第4章 役員

(役員)

第10条 本会に、次の役員を置く。

1.代表理事 1名

2.副代表理事 若干名

3.常任理事 若干名

4.会計理事  1名(常任理事を兼務する)

5.監事 2名 

(選任)

第11条 役員の選任については、次の通りとする。

1.常任理事、監事は総会において選任する

2.代表理事は、常任理事会で互選し、総会の承認を得る

3.副代表理事は、常任理事の中より代表理事が委嘱し、総会に報告する

4.会計理事は、常任理事の中より、代表理事が委嘱する

(役員の任務)

第12条 役員の任務は次の通りとする。

1.代表理事は、本会を代表し会務を統括する

2.副代表理事は、代表を補佐し、代表に事故あるときは会務を代行する

3.常任理事は、常任理事会を構成し、本会の業務を執行する

4.会計理事は、会の経理を行う

5.監事は、会の会計を監査する

(役員の報酬・任期)

第13条 役員の報酬・任期については、次の通りとする。

1.役員は無報酬とし、任期は2年とする。

再任は、設立時に限り2期(4年)迄とする。

役員経験者は理事会の決議により顧問とすることが出来る。

2.補欠により就任した役員の任期は、前任者の残存期間とする

 

(役員の解任)

第14条 役員が、次の各号のいずれかに該当するときは、総会の決議により解任することが出来る。

1.規約に違反したとき又は本会の名誉を傷つける行為をしたとき

2.心身の故障により任務の遂行に耐えられないと認められるとき

 

第5章 組織

(組織)

第15条 本会に次の組織を置く。

1.事務局 代表理事が委託した者が事務局を担当し、事務局業務を行う

2.常任理事会 代表理事が統括し、副代表理事、常任理事、監事で構成す

る。原則月1回開催する

3.実行委員会 事業毎に、代表理事が委任した担当責任者のもと、複数人で実行委員会を組成し運営する

 

第6章 会議

(会議)

第16条 本会の会議は次の通りとする。
1.総会

 1)総会は正会員をもって構成し、毎年1回5月に開催する

      但し、必要に応じ臨時総会を開催することが出来る

 2)総会の議長は出席した正会員の中から選出する

 3)総会は次の事項を審議決定する

 (1)事業計画及び予算・決算に関すること

 (2)役員の選任又は解任に関すること

 (3)規約・規則に関すること

 (4)その他本会の会務運営上重要な事項

 4)総会は正会員(委任状を含む)の2分の1以上の出席を以って成立し、議決は出席正会員の過半数以上の賛成を以て成立、同数の場合は議長の決するところによる

 5)総会の議事については議事録を作成し、2人の議事録署名人が署名する

2.常任理事会

 代表理事が議長を務め、次の事項を議決する

(1)総会に付議すべき事項 

(2)総会の議決した事項の執行に関する事項

(3)その他、総会の議決を要しない業務の執行に関する事項

3.実行委員会

 各事業の担当責任者が会長となり、個々の事業計画を策定・実施し、実施結果を理事会に報告する


第7章 会計

(会計)

第17条 本会の運営にかかる費用は、会費とその他の収入をもって充てる。

1.正会員の会費は、会計年度毎に、年間6、000円とする。但し、下期以降に

入会の場合は、その年の年会費は3、000円とする

2.賛助会員の会費は、会計年度毎に、年会費を一口2,000円とし、口数は一口

以上とする

3.特別会員の会費は、別途個別に協定を結んで決める

4.会場(レンタルスペース・レンタルボックス)の利用料は、別途定める利用料率表による

5.本会主催事業及び諸団体との共催事業等による事業収入

6.本会の運営に必要があるときは、出資金(借入金)を募ることが出来る。

 詳細については細則で決める。

7.その他(寄付金・助成金・遺贈等)

(会計年度)

第18条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日迄とする。

 

第8章 雑則

(規約の改廃)

第19条 この規約の改廃は、総会出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

 

附則

 1.本会設立準備期間に発生した出資金、寄付、出費などを含む収入支出は、本会初年度

の会計に引き継ぐものとする。

 2.この規約は、令和4年4月1日より施行する

©️2022 okiyanchi